ガチ初心者向けゲーミングPC情報発信サイト

ゲーム別で選ぶ

【正式リリース】『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC・推奨スペック紹介【選び方も解説】

当ページには広告が含まれています

【正式リリース】『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC・推奨スペック紹介【選び方も解説】

7 Days to DieをゲーミングPCでプレイしたいけどおすすめ知りたい。推奨スペックや周辺知識についても詳しくなりたい!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC
  • 『7 Days to Die』推奨・おすすめスペック
  • 『7 Days to Die』グラボ別fps値
  • 『7 Days to Die』ゲーミングPC選び方
  • 『7 Days to Die』PS版とPC版の違い

この記事の監修者

ゲーミングPCブロガー

YUH/ユー

プロフィール

・ゲーミングPC歴10年以上
・過去購入数6台
・自作歴もあり
様々なBTOメーカーでゲーミングPCを購入してきて、実際に感じたこと・体験を元に執筆しています。

「7 Days to Die」はオープンワールドサバイバルゲームです。

人気も高く十分な性能を持ったゲーミングPCであれば、最高のゲーム体験を得ることができます

しかしいろんなゲーミングPCがあると、どれを選べばいいかわからなくなりますよね。

ゲーミングPC選びに失敗して、後悔する人も多くいらっしゃいます。

ただ、今回紹介する内容を参考にすればどれだけゲーミングPCに詳しくなくても、失敗することなく自分に合ったモデルを見つけることができます。

ぜひこの記事を参考に最高のゲーミングPCライフを手に入れてください

『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC

『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC

まずは本題の「7 Days to Die」におすすめのゲーミングPCを紹介します。

モデル
DG-I5G60スターターセット

XG-144FB46

GB7J-G241/B

GE7J-J242/BH
メーカーマウスSTORMTSUKUMOTSUKUMO
価格239,800円168,000円279,800円319,800円
CPUCore i5-14400FCore i5-14400FCorei7-14700KFCorei7-14700F
GPURTX4060RTX4060RTX4070 SUPERRTX4070 Ti SUPER
メモリ容量16GB32GB32GB32GB
ストレージ容量500GB1TB1TB1TB
公式HP

公式を見る

公式を見る

公式を見る

公式を見る

【周辺機器セット】DG-I5G60スターターセット

DG-I5G60スターターセット

DG-I5G60スターターセット
メモリ16GB
CPUCore i5-14400F
GPURTX4060
価格239,800円(税込)

初心者向けセット

周辺機器も一緒に手に入れたい方におすすめ。

スペックも十分なのですぐにゲームが始められます。

マウスで詳細を見る

必要最低限の周辺機器が一緒に買えるモデル。

「7 Days to Die」をすぐにプレイしたい方におすすめ。

周辺機器の詳細はぜひ公式ページでチェックしてみてください。

【フルHD60fps以上】XG-144FB46

XG-144FB46

メモリ32GB
CPUCore i5-14400F
GPURTX4060
価格168,000円(税込)

コスパの鬼

CPUもGPUもここ最近では人気でスペックも高いパーツ。

これらを搭載してこの価格はコスパ鬼高すぎます。

STORMで詳細を見る

「7 Days to Die」を最低限楽しむならこのモデル。

フルHD60fpsで安定してプレイ可能です。

できるだけ安く「7 Days to Die」をプレイしたい方はこちら。

【MOD導入】GB7J-G241/B

GB7J-G241/B

GB7J-G241/B
メモリ32GB
CPUCore i7-14700KF
GPURTX4070 SUPER
価格279,800円(税込)

RTX4070 SUPER搭載モデル

デザインも優秀で、スペックも十分な万能モデル。

RTX4070 SUPER搭載PCが欲しい方はこれ一択。

TSUKUMOで詳細を見る

「7 Days to Die」にMODを導入して遊べるモデル。

プレイの幅を拡張してガッツリ楽しみたい方におすすめ。

パーツの構成的にも最近人気なモデルなので、他のゲームでもちょっといい環境でプレイできます。

【MOD導入+配信】GE7J-J242/BH

GE7J-J242/BH

GE7J-J242/BH
メモリ32GB
CPUCore i7-14700F
GPURTX4070 Ti SUPER
価格319,800円(税込)

RTX4070 Ti SUPER搭載

ガチゲーマーでも十分満足に快適にプレイできるモデル。

RTX4070 Ti SUPER搭載モデルが欲しい方はこれ一択。

TSUKUMOで詳細を見る

「7 Days to Die」にMODを導入して、配信しながら快適に遊べるモデル。

もちろんマルチサーバーでも快適にプレイできるので、フレンドと楽しみながら遊ぶのにも向いてます。

「7 Days to Die」を最大限楽しむならこれ一択。

あわせて読みたい
おすすめゲーミングPC
【2024年】おすすめゲーミングPCを特徴別に紹介!初心者にもわかりやすく解説

続きを見る

『7 Days to Die』推奨・おすすめスペック

『7 Days to Die』推奨・おすすめスペック
公式推奨フルHD60fpsMOD環境
グラボ2 GB Dedicated MemoryRTX4060RTX4070 SUPER
CPU2.8 Ghz Quad Core CPUCore i5-14400FCore i7-14700F
メモリ8GB16GB32GB

「7 Days to Die」はサバイバルゲームなので処理が重くなりがちです

なので比較的余裕を持ってスペックは決めた方がいいです。

今回紹介したゲーミングPCであれば、どれも快適にプレイできます。

『7 Days to Die』グラボ別fps値一覧

『7 Days to Die』グラボ別fps値一覧
RTX4090167 fps
161 fps
152 fps
RTX4080 SUPER167 fps
164 fps
126 fps
RTX4070 Ti SUPER166 fps
160 fps
98 fps
RTX4070 SUPER165 fps
137 fps
84 fps
RTX4070158 fps
107 fps
55 fps
RTX4060 Ti149 fps
95 fps
42 fps
RTX4060141 fps
83 fps
30 fps
緑:フルHD 黄:WQHD 赤:4K (設定:最高)

「7 Days to Die」の推奨fpsは60fps以上なので、最低限RTX4060があれば快適にプレイ可能

個人的には高解像度環境(WQHDや4K)でのプレイはやらないので、グラボはフルHD基準で決めればOKです。

あわせて読みたい
ゲーミングPCグラボの選び方
【ゲーミングPC】グラフィックボードの選び方解説&グラボとは?【おすすめも紹介】

続きを見る

『7 Days to Die』ゲーミングPCの選び方・注意点

『7 Days to Die』ゲーミングPCの選び方・注意点

次に『7 Days to Die』のゲーミングPCの選び方・注意点について解説します。

最低限のスペックは守ろう

どうしても7 Days to Dieプレイしたくて、スペックを妥協してゲーミングPC買っちゃった...

たまにこういった方を見かけますが、おすすめしません。

どんなゲーミングPCでも快適にプレイ可能というわけではなく、最低限のスペックがないとただの大きな箱です。

ゲーミングPCは「安物買いの銭失い」になりやすいので、しっかり予算を立てて計画的に購入しましょう。

『7 Days to Die』以外の利用用途も考える

ゲーミングPC購入者の8~9割は、そのゲーミングPCで多くのゲームをプレイするのが前提で購入すると思います

なので「7 Days to Die」以外にもプレイしたいゲームや利用したい用途(動画編集・ゲーム制作など)は、事前に決めておくのがおすすめ。

様々な利用用途のスペック目安を知りたい方は「ゲーミングPCのスペック目安」を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ゲーミングPCスペック目安
【ゲーム・用途別】ゲーミングPCのスペックの目安は?【選び方も解説】

続きを見る

周辺機器の予算も確保しておく

「7 Days to Die」はゲーミングPCだけあればプレイできるというわけではありません。

最低限の周辺機器

  • ゲーミングモニター
  • ゲーミングマウス
  • ゲーミングキーボード

最低限上記の周辺機器がないとプレイ不可能です。

ゲーミングPCと合わせて周辺機器の予算も確保して、ゲーミングPCを選びましょう。

周辺機器に関しては「ゲーミングPCおすすめ周辺機器」を参考にしてください。

あわせて読みたい
ゲーミングPCに必要な周辺機器おすすめ一式を紹介【優先順位や予算も解説】
ゲーミングPCに必要な周辺機器おすすめ一式を紹介【優先順位や予算も解説】

続きを見る

『7 Days to Die』はPS版よりPC版がおすすめ

『7 Days to Die』はPS版よりPC版がおすすめ

「7 Days to Die」はPS版とPC版があります。

この見出しでは両者の違いをもとにPC版がおすすめな理由を解説します。

PC版はより高画質・高fpsで遊べる

他のゲームでもそうですが映像面はやはりPC版が圧倒的です

フルHDから4Kまで選べて、パフォーマンスも安定してるので急に画質が下がったりしません。

またfpsは変動するのが普通ですが、PCだと60fps常に張り付かせることも可能

安定したプレイをしたい方はPC版一択です。

PS版はもうアップデートされない

PS版の開発元が倒産してしまい、これ以上アップデートの望みはありません。

しかしPC版は2024年6月に正式リリースもされ、さらに進化を遂げています。

最新の環境で最新の要素を楽しみたいならPC版一択です。

MODを導入して遊べる幅を広げられる

PC版特権のMODも多数存在し、それらを駆使して遊べる幅を拡張することが可能です。

ゾンビの種類を増やしたり、武器の追加などができたりします。

「7 Days to Die」を最大限楽しみたい方にはPC版がおすすめ。

『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問

最後に『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC・推奨スペックに関するよくある質問に回答していきます。

デスクトップとノートどっちがいい?

デスクトップ一択です。

ノートのメリットは「持ち運べる」「場所を取らない」くらいしかないので、そのに価値を感じない方はデスクトップを選びましょう。

性能的にもデスクトップの方が上です。

GPU無しでも遊べる?

遊べません。

PCゲームはグラボありきで作られてるので、グラボがないと要求スペックに達しないため快適にプレイできません。

しっかりグラボが搭載されたゲーミングPCを選びましょう。

「7 Days to Die」は60fpsまでしか出せない?

理論上は無制限にfpsを出すことができますが、基本的には60fps以上あれば何の問題もありません。

実際高fps環境でプレイしてみましたが、そこまでゲーム体験の満足度が上がるかというとそうでもないです

『7 Days to Die』おすすめゲーミングPC・推奨スペックまとめ

今回は「7 Days to Die」おすすめゲーミングPC・推奨スペックについて解説しました。

モデル
DG-I5G60スターターセット

XG-144FB46

GB7J-G241/B

GE7J-J242/BH
メーカーマウスSTORMTSUKUMOTSUKUMO
価格239,800円168,000円279,800円319,800円
CPUCore i5-14400FCore i5-14400FCorei7-14700KFCorei7-14700F
GPURTX4060RTX4060RTX4070 SUPERRTX4070 Ti SUPER
メモリ容量16GB32GB32GB32GB
ストレージ容量500GB1TB1TB1TB
公式HP

公式を見る

公式を見る

公式を見る

公式を見る

これらのゲーミングPCであれば、「7 Days to Die」を最大限楽しむことが可能です。

ぜひ自分に合った最高のゲーミングPCを見つけ、最高のゲームライフを手に入れてください

あわせて読みたい
おすすめゲーミングPC
【2024年】おすすめゲーミングPCを特徴別に紹介!初心者にもわかりやすく解説

続きを見る

  • この記事を書いた人

YUH

FPSゲーマー。【経歴】ゲーミングPC歴10年(5台買い替え) ● グラボやCPUのスペック熟知 ● PC眺めるの好きです ● 九州出身の23歳

-ゲーム別で選ぶ