ガチ初心者向けゲーミングPC情報発信サイト

ゲーミングPC

【ゲーミングPC】グラフィックボードの選び方解説&グラボとは?【おすすめも紹介】

当ページには広告が含まれています

ゲーミングPCグラボの選び方

ゲーミングPC買いたいけどグラボの選び方知りたい!グラボについての基礎知識も知りたい方それも教えて!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 初心者でもわかるグラボの選び方
  • グラボについての周辺知識まとめ
  • おすすめのグラボとそれを搭載したおすすめのゲーミングPC

ゲーミングPC歴10年。これまで7台(+ノート1台)使ってきました。自作やパーツ交換の経験もありです。

今回はゲーミングPCのグラボの選び方と周辺知識について解説します。

グラボ選びに失敗するとゲームライフは完全崩壊です

難しい言葉は抜きで初心者の方にもわかりやすく解説してます。

自分に合ったモデルを見つけて、最高のゲーム環境を手に入れよう!

YUH
YUH

グラフィックボードの呼び方

  • グラフィックボード
  • グラボ
  • GPU

いろんな呼ばれ方がありますが、どれも同じ意味です。本サイトでは基本的に「グラボ」or「GPU」で記載してます。

ゲーミングPCのグラボの選び方

ゲーミングPCのグラボの選び方

まずは本題のグラボの選び方について解説します。

結論、2つの方法もしくは両方を吟味して選べば間違いなしです

難しい言葉はなしで解説するのでぜひ参考にしてみてください。

  • やりたいゲームで選ぶ
  • 利用用途で選ぶ

やりたいゲームで選ぶ

ゲーミングPCは主にゲームプレイが目的で購入する方がほとんどだと思うので、基本的にまずはやりたいゲームを軸に選びましょう

ゲームごとに快適に遊べる環境に必要なスペックが違うので、それを確認するのがおすすめ。

簡単に確認できる表を作成してるので、ぜひ確認してみてください。

グラボ名ゲームタイトル・環境など
RTX4090オープンワールドゲームに複数のMOD導入でプレイ&配信
・マインクラフト
・GTA5 など
RTX4080 SUPERRPGやMMOなどの映像美重視のゲームを4Kでプレイ&配信
・FFシリーズ
・エルデンリング など
RTX4070 Ti SUPER240fps高画質でシューティングゲームをプレイ&配信
・Apex
・Valorant など
RTX4070 SUPERオープンワールド・サバイバルゲームを中設定でプレイ
・マイクラ
・GTA5
・パルワールド
・Ark   など
RTX4070240fps高設定でシューティングゲームをプレイ・RPG、アクションを中設定でプレイ
・Apex
・Valorant
・FFシリーズ
・エルデンリング など
RTX4060 TiRPG・アクションを中設定でプレイ
・FFシリーズ
・原神
・エルデンリング
・モンハン  など
RTX4060144fps中設定でシューティングゲームをプレイ
・Apex
・Valorantなど
個別のゲームタイトルや設定を詳しく知りたい方は「X(Twitter)」のDMで質問ください

また、設定や解像度ごとの細かい選び方は「ゲーム別のおすすめゲーミングPC」のページで解説してます。

利用用途で選ぶ

次に利用用途で選ぶというやり方もあります。

ゲーミングPCはスペックによりますが、ゲーム以外にもたくさんの利用用途で購入されます

主に以下の5つ。

  • 動画編集・作成(YouTube、3DCGなど含む)
  • ゲーム配信
  • VTuber活動
  • ゲーム制作
  • 生成AI

最近の主流はこれらとゲームプレイの利用用途です。

細かく言うと様々ありますが、ざっくりこれらを快適に利用したいなら「RTX4070 Ti SUPER」以上のGPUがおすすめ

あとはCPUやメモリのスペック次第なとこもあるので、最低限このGPUを積むのが無難です。

価格帯でいうと30万円以上なので高額ですが、あなたのやりたいことは必ず叶えられます

関連記事 【最強スペック】30万円以上で買えるおすすめゲーミングPC5選

【基礎知識】グラフィックボードって何?

【基礎知識】グラフィックボードって何?

次にグラボの基礎知識についてまとめます。

実際に購入する際にある程度知識があればミスることもなくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

グラボの役割

グラボは「画像(映像)描画」が仕事です。

ゲームプレイにおいて最も重要な役割を担ってるので、ゲーミングPCを選ぶ際はよく話題に出ます。

グラボの性能が低いと映像がガビガビになったりカクカクしたりするので、絶対に妥協できません

予算をかけるならまずはグラボ重視で選びましょう。

グラボの二大メーカー

グラボは主に2つのメーカーが顧客に選ばれています。

ポイント

  • NVIDIA・・・「Geforce」というブランドでグラボを展開。ゲーム性能向き。
  • AMD・・・「Radeon」というブランドでグラボを展開。クリエイティブ性能向き。

基本的にはNVIDIAのGeforce一択で、特にRadeonを選ぶ理由はありません。

BTOメーカーが販売してるゲーミングPCも9割がGeforceで構成されてます。

ただ、ゲーミングPCの購入目的が「動画編集」や「3DCG」などのクリエイティブが主軸なら、Radeonのグラボを選んでもOK。

ぶっちゃけどっちを選んでもそこまで変わらないけど、ゲーム向きとクリエイティブ向きで分かれてるのが一般的だよ!

YUH
YUH

ゲームにおけるグラボの重要性

グラフィックボードはゲーミングPCを構成しているパーツの中で、最もゲーム性能を左右するパーツです

もちろんCPUやメモリのスペックは低スペックでいいというわけではないですが、グラボだけは妥協してはいけない唯一のパーツ。

妥協するくらいならそもそもゲーミングPCを買わない方がいいレベルの話です。

それだけグラボはゲームする上で重要なパーツになってます。

グラボの型番の見方

グラボの型番はぱっと見謎の英数字が並んでるだけに見えますよね。

初心者の方にもわかりやすいように、例を交えて解説します。今回の例は「RTX 4070 Ti」です。

ポイント

  • RTX・・・ブランド。
  • 40・・・世代。数字が大きいほど最新世代です。
  • 70・・・グレード。数字が大きいほど高性能。
  • Ti・・・接尾辞。TiとSUPERがあり、両方つくこともある。

BTOメーカーで販売されてるものを比較するときは「数字大きい方が高性能」「接尾辞がついてるとさらに高性能」という解釈でOK。

目次へ戻る

ゲーミングPCにおすすめのグラボ7選

ゲーミングPCにおすすめのグラボ7選

グラフィックボードのおすすめは「Geforce RTX40シリーズ」です。

先述した通りBTOゲーミングPCならGeforce一択なので、その中でも現行で人気のシリーズ。

そのシリーズの中でもさらにおすすめのグラボを、コスパ重視で厳選したのでぜひ参考にしてみてください。

【現行最強グラボ】Geforce RTX4090

ポイント・特徴

  • スペック最強
  • 50万円以上のPCに搭載
  • 利用用途は無限大

現状発売されてるグラボの中で最高峰のモデル

4K高画質でRPGも楽しめますし、240fps高画質でシューティングゲームなども快適にプレイできます。

このようにゲームはもちろんですが、ハイクオリティな動画制作などにも利用できるのでクリエイターを目指す方にもおすすめのグラボです

RTX4090搭載のおすすめゲーミングPC

PG-X14XT49K

PG-X14XT49K
メモリ32GB
CPUCore i9-14900KF
GPURTX 4090
価格599,800円(税込)

最強of最強

ゲーム性能やそれ以外の性能をとっても、一般人が購入する中ではほぼ最強のモデル。

とにかくスペックにこだわったモデルが欲しいならコレ。

STORMで詳細を見る

関連記事 RTX4090搭載のおすすめゲーミングPC4選【性能&フレームレートも解説】

【ハイスペックコスパグラボ】Geforce RTX4080 SUPER

ポイント・特徴

  • コスパ良しでハイスペック
  • 38〜45万円台のPCに搭載
  • RTX4090の妥協モデル

RTX4090と価格差が約10万円あるので、そこまで予算はないがハイスペックなグラボが欲しい人におすすめ。

スペック差は30%ほどあり、4K環境などでは差を感じるかもしれませんが設定を落とせば問題ありません。

現状ガチゲーマーが選ぶハイスペックグラボとしては最適です

RTX4080 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

FRGAG-B760/CG2

メモリ32GB
CPUCore i7-14700F
GPURTX 4080 SUPER
価格384,800円(税込)

RTX 4080 SUPER搭載

全体スペックのバランスも良く、どれもハイエンドクラス。

デザイン性はシンプルだが、十分満足いくゲーム体験を手に入れられます。

フロンティアで詳細を見る

関連記事 RTX4080 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC4選【性能&フレームレートも解説】

【ステップアップグラボ】Geforce RTX4070 Ti SUPER

ポイント・特徴

  • ゲーム性能を1段階ステップアップ
  • 28~34万円台のPCに搭載
  • ガチゲーマーは最低コレ

性能が似てるRTX4070 SUPERと比較すると、ゲーム性能が1段階ステップアップしてます

フルHD環境なら平均で200fpsでますし、4Kでも100fps近くは出せます。

一般の人よりゲームする人はこれくらいスペックがあると安心です。

RTX4070 Ti SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

FRGLB760/SG2

メモリ32GB
CPUCore i7-14700F
GPURTX 4070 Ti SUPER
価格319,800円(税込)

ハイスペックでコスパ枠

2024年1月に発売されたRTX4070 Ti SUPER搭載モデルを買える最安値はコレ。

とにかくスペックに困りたくないが、安く手に入れたい方におすすめ。

フロンティアで詳細を見る

関連記事 RTX4070 Ti SUPER搭載のおすすめゲーミングPC4選【性能&フレームレートも解説】

【コスパ重視ゲーマー最推しグラボ】Geforce RTX4070 SUPER

ポイント・特徴

  • コスパもスペックも両立
  • 22~30万円台のPCに搭載
  • 240fps出すなら最低コレ

このグラボと似たスペックのモデルと比較するとスペックに対してコスパが良く、誰にでもおすすめできる万能型グラボ

価格帯も最も人気の価格帯で、手を出しやすいお値段。

特にこだわりないけど、ある程度いい環境でゲームがしたい方はとりあえずこれ

RTX4070 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

FRGHZ790/C

メモリ32GB
CPUCore i7-14700F
GPURTX 4070 SUPER
価格279,800円(税込)

シンプルデザインでパワー系

GPUはRTX 4070SUPER搭載で映像面最強格。

見た目に拘らないけどスペックには拘りたい方向け。

フロンティアで詳細を見る

関連記事 RTX4070 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC【性能&ベンチマークも紹介】

【ミドルスペック入門グラボ】Geforce RTX4070

ポイント・特徴

  • 一般ゲーマーからガチゲーマーに挑戦したい方向け
  • 22~25万円台のPCに搭載
  • 搭載PCも多い人気グラボ

SUPER版が発売されたので徐々に置き換えられていくと思いますが、まだまだ現役でいけるグラボ。

基本的にはSUPER版をおすすめしますが、「好みのデザインに搭載されてない」や「ギリギリ予算が…」などの理由があれば全然選択肢としてありです。

RTX4070搭載のおすすめゲーミングPC

GB5J-D241/B

メモリ16GB
CPUCore i5-14500
GPURTX4070
価格229,800円(税込)

コスパの権化

ゲーミングPCの人気の価格帯でかつ、コスパのいいRTX4070搭載モデル。

RTX4060シリーズよりグッと性能も上がり、より快適なゲームプレイが可能です。

TSUKUMOで詳細を見る

関連記事 RTX4070搭載のおすすめゲーミングPC5選【性能&フレームレートも解説】

【コスパグラボ】Geforce RTX4060 Ti

ポイント・特徴

  • コスパ重視
  • 18~23万円台のPCに搭載
  • 軽めのゲームをコスパよく楽しみたい方

RTX40シリーズの中でもコスパ枠だが、最近の人気ゲームタイトルは普通にプレイ可能

ギリギリ10万円台で買えるので、最初に手に取るモデルとしてもありです。

RTX4060 Ti搭載のおすすめゲーミングPC

GB5J-C241/B

メモリ16GB
CPUCore i5-14400F
GPURTX 4060 Ti
価格187,800円(税込)

14世代Corei5搭載

20万円を切ってRTX4060 Ti搭載なのはコスパ良し。

全体的なスペック的にも人気なモデルなので、初心者の方にもおすすめです。

TSUKUMOで詳細を見る

関連記事 RTX4060 Ti搭載のおすすめゲーミングPC5選【性能&ベンチマークも解説】

【現行最安おすすめグラボ】Geforce RTX4060

ポイント・特徴

  • RTX40の最安グラボ
  • 12~20万円台のPCに搭載
  • とにかく安くゲーミングPCを手に入れたい方向け

BTOメーカーの販売モデルを見ても、現状のラインナップの中で最安クラス。

とは言っても性能が低いわけではないので、ちょっと休日にゲームを楽しみたいくらいの人には最適です

RTX4060搭載のおすすめゲーミングPC

FRGKLB760M/SG2

メモリ16GB
CPUCore i5-14400F
GPURTX 4060
価格176,800円(税込)

14世代CPU搭載

コスパ枠担当でかつRTX4060とも相性のいいCPU搭載。

GPUもCPUもコスパよく、でも快適な環境でゲームしたい方におすすめ。

フロンティアで詳細を見る

関連記事 RTX4060搭載のおすすめゲーミングPC5選【性能&ベンチマークも解説】

グラボに関するよくある質問

グラボに関するよくある質問

最後にグラボに関するよくある質問を紹介します。

初心者の方は特に目を通しておくと、よりグラボに関する知識が深められます。

お金をかけるならグラボ?CPU?

結論、グラボです。

ゲーム目的にゲーミングPCを買う人は特にです。

ゲーム性能を担当してるのはグラボなので、ゲーム体験の満足度を上げたいならグラボにお金をかけよう

ただ、CPUやメモリのスペックも最低限は必要なので、そこを削ってまでグラボにお金をかける必要はありません。

予算が余ったらくらいのイメージでOK。

グラボなしでもゲームできる?

できるゲームもありますが9割のPCゲームはないと快適にプレイできません

ゲーミングPCはグラボがあるからゲーミングPCと呼ばれます。

そこを妥協してしまうと元も子もありません。

グラボメモリ(VRAM)ってなに?

BTOメーカーでグラボを選ぶ際によく話題に出るのはベンチマークとグラボメモリ(VRAM)の2つ。

基本的にベンチマークを参考にすればOKですが、ゲーム以外の利用用途がある方はグラボメモリも気にした方がいいです

特に、「動画編集」や「生成AI関係」での利用用途がある人は最低12GB、おすすめは16GBあったら安心という感じ。

RTX40シリーズだとRTX4070以上のモデルに搭載。

ゲームだけの場合は気にせずOKです。

【ゲーミングPC】グラボの選び方まとめ

今回はゲーミングPCのグラボの選び方とそれらの基礎知識について解説しました。

ゲーミングPCにはグラボが必須なので、選び方は知っておいた方がお得です。

「意外と安く済むじゃん!」みたいなこともあり得るので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
おすすめゲーミングPC
【2024年】おすすめゲーミングPCを特徴別に紹介!初心者にもわかりやすく解説

続きを見る

目次へ戻る

  • この記事を書いた人

YUH

FPSゲーマー。【経歴】ゲーミングPC歴10年(3台買い替え) ● BTOのセール時のみ購入 ● グラボやCPUのスペック熟知 ● PC眺めるの好きです ● 九州出身の23歳

-ゲーミングPC